東京の水はニキビに悪い?



ニキビの都市伝説SP~ニキビケアに関する怪しい噂を徹底検証!
ニキビの都市伝説SP



ニキビの都市伝説SPトップ » ニキビの原因 » 東京の水はニキビに悪い?

東京の水道水を飲むとニキビができるという噂

地方から上京してきた友達が東京の水道水を飲んでからニキビができたと言ってました。水道水がニキビに影響することってあるんでしょうか?

地方から上京してきた人達の間でよく話題になるのが東京の水道水のまずさ。鉄臭いっていう人もいますよね。 東京では浄水器をつけている家庭も多いですが、地方はそこまで浄水器をつけていることはような気がします。

こうした浄水器の普及率も東京の人は東京の水道水は浄水器を通さないと使えたもんじゃないと思っている証拠かもしれません。

さて、本題に移りますが、水道水には塩素やトリハロメタンが含まれています。こうした成分がニキビを悪化させるのでは?と考えられていますが 日本の水道水は厳しい安全基準を満たしているので健康被害はもちろん、ニキビにも結びつくとは考えにくいのです。

実際、東京の水はかなり品質にこだわっていて浄水場ではペットボトルで東京の水道水ということで売られています。何かのテレビ番組でも ミネラルウォーターと東京の浄水場の水を飲み比べてましたが、浄水場の水のほうが美味しいという人がいたぐらいですから。

にもかかわらずもし自宅の水道水が匂いや味に違和感があるという場合は浄水場から家まで届く間の水道管に問題があるかもしれません。 これはけっこう可能性がある話だと思います。

また上京して東京の水を飲んだことがニキビの直接的な原因ではなく、環境の変化による精神的なストレスがニキビの原因というケースもあると思います。

その土地の環境に合わないことを「水が合わない」なんていいますが、そこから東京の水道水を飲んだらニキビができたなんて話が生まれたのではないかと思います。

というわけで水道水を飲むことでニキビになるという因果関係は考えにくいです。もしニキビができたとしたらそれは水以外の環境的な要因が原因だと思います。

毎日飲む水の質や量で肌がきれいになったり汚くなったりしますか?

美容や健康にとって水分補給は非常に大切です。お肌が水分を蓄えることで、紫外線やその他の刺激から肌を守ることにつながるので ニキビの予防にかぎらず、肌トラブルを防ぎ、美肌を保つためには水分を多く摂取することがおすすめです。

水の飲み方としては1日あたり2リットルぐらいが目安だといわれています。

それ以上だと逆に体に負担がかかったりむくみの原因になります。 運動している最中などは喉が渇く前に水を飲むようにしたほうが脱水症状を防げるんですが、普段は喉が渇いてから水を飲むというペースで十分です。

飲む水のタイプについてですが、日本人になじみがあるのは軟水です。硬水を飲む美容法が一時流行りましたが、お腹が痛くなっただけであんまり その良さを実感できないという話をよく聞きました。便秘の人にはなかなか好評でしたけどね。

軟水であれば水道水でもミネラルウォーターでも何を飲んでもそんな大差はないと思いますが、ただやっぱり天然水のほうが美味しいのかな? という印象はあります。いずれにせよ、美味しいと感じる水を飲むほうが身体にも肌にもいいと思います。

スキンケアにかんしていうと水道水に含まれる化学物質を気にして洗顔をミネラルウォーターで行っている人がいるんですが、これはちょっとやりすぎな気がします。

逆にいえば水道水に含まれる成分に肌が悪い影響を受けてしまうというのは水をうんぬんという問題ではなく、肌にかなりの問題があると思います。

自分が美味しいと思う水を1日2リットルを目安に飲むというのがお肌のことを考えたお水との付き合い方だと思います。