ニキビ跡がホクロになる?



ニキビの都市伝説SP~ニキビケアに関する怪しい噂を徹底検証!
ニキビの都市伝説SP



ニキビの都市伝説SPトップ » ニキビの原因 » ニキビ跡がホクロになる?

ニキビ跡はそのまま放置するとホクロになるという噂

茶色いニキビ跡があるんですが、これをそのままにしておくとホクロになるんですか?

炎症をおこしたニキビをつぶしてしまったり、化膿するまで悪化するとニキビ跡が残ります。だいたい色素沈着が残ってしまうことが多いんですが、 赤みがあったり、黒いシミのようになってしまったりと場所によっては目立つこともあってけっこうやっかいです。

こうしたニキビ跡の色素沈着を放置するとホクロになるという話もあるんですが、まずこれはありえないと思います。というのも ホクロというのは身体のあちこちに点在している母班細胞が成長とともに紫外線に活性化されて黒くなって出てくるものだからです。

メラニンが沈着したニキビ跡とホクロとはまったく別物です。なのでニキビ跡の色素沈着がホクロになるということはないです。

ただ、ニキビ跡の色素沈着とホクロに共通していえることは放置していると大きくなったり、濃くなるなど育っていくことがあるということです。 いずれも紫外線によって活性化したり悪化するのでどんどん成長していくものなんですね。

シミもホクロのように盛り上がってきてしまうこともありますし、あるレベルまでいくと色素沈着とホクロの区別がつかなくなるなんてことも起きてきます。

大きく育ってしまったホクロ、それから色素沈着(=シミ)に関しては美容皮膚科などでレーザー治療で除去してもらう以外にキレイにする方法はありません。 できるだけホクロもニキビ跡の色素沈着も紫外線を当てないようにして育てないほうがいいのは間違いありません。

ニキビ跡(色素沈着)はシミ用の美白美容液が効果あり!

ニキビ跡が残らないようにするには炎症が起こる前に治す必要があります。ニキビ跡のケアというのは基本的につくらせないことに全力を尽くしてください。 それでも残ってしまったニキビ跡は、シミ用の美白美容液を使ってケアします。

赤みが残ってしまったり黒ずみになった色素沈着は、メラニン還元作用のある美白成分を含むシミ用の美白美容液を使ってケアしていくことで薄くすることができます。

注意点としてはこのようなシミ用の美白美容液は、非常に刺激の強い美白成分(ハイドロキノンなど)を使っているので日中の紫外線を浴びるとむしろ悪化してしまうことです。

そのためシミ用の美白美容液を使うときは夜のみの使用にしたほうが良いです。日中使う場合は、しっかりと日焼け止めを塗る、あるいは野外に出ないなど気をつけてください。

これまでニキビ跡はコンシーラーなどを使って隠してきたという人も多いと思いますが、やっぱり隠すよりもシミのない肌を取り戻したいですよね。

肌のターンオーバーを促進する排出美白を意識して、メラニンを還元するシミ用の美白美容液を使えば、時間がかなり経って根付いてしまった色素沈着以外はたいていきれいにできますよ。