ニキビ治療にピルってどうなの?



ニキビの都市伝説SP~ニキビケアに関する怪しい噂を徹底検証!
ニキビの都市伝説SP



ニキビの都市伝説SPトップ » 知りたい!ニキビの真実 » ピルはニキビに効くの効かないの?

ニキビの治療にピルを服用するのってどうなの?

ホルモンバランスの乱れによる生理前ニキビにピルは非常に有効!

ニキビはもともとできやすい肌質などもありますが、大人になってから悩まされるニキビはホルモンバランスとも密接な関係があり、 特に女性は生理前になるとホルモンの関係で皮脂の分泌量が増えるので皮膚が油っぽくなり、口周りなどにニキビができやすくなります。

生理前のニキビができる部位の特徴として、口周りや顎周辺、そしてひどい場合には首などにも大きなニキビができてしまうこともあり、 ちょうど男性のヒゲの生える部分にできるということから、男性ホルモンの影響力が増すからともいわれますよね?

ちょっと肌の状態が乱れるぐらいであれば一時的なものとしてスルーすることもできますが、人によってはホルモンバランスが崩れたときの 肌状態の悪化ぶりがすさまじいことがあり、スキンケアではどうにもならない場合があります。

そんなときには避妊薬として知られるピルを使って治療すると効果的なことがあります。

最近主流になっている低用量ピルは、以前のものに比べてむくみや太るといった副作用はだいぶ軽減できるようになってきており、 飲みはじめてから生理周期も安定して、PMSもかなり軽くなってニキビも改善し、お肌も綺麗になったという人が多いです。

PMSもひどいし、生理前のニキビや肌荒れがひどいという方は、ピルの使用もぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

ニキビ治療にピルを用いることの問題点や副作用などについて

ピルは生理前のホルモンバランスの乱れの影響を受けやすい人にとっては非常に有効な薬ではありますが、薬ということもあって副作用もあります。 ただ、副作用の程度については個人差が大きいので飲んでみないとわかりませんし、ピルの種類にもよると聞きます。

ピルの副作用には吐き気、むかつき、頭痛などが一般的ですが、まれに血栓症が起きる方もいて、その場合は命の危機に関わります。 多くの症状は、数日経てば落ち着きますが、それでも自分に合うピルに出会うまでは婦人科の先生と相談しながらピルを処方してもらうようにしてください。

ピルは副作用もありますが、うまく使うことでこれまで感じていた苦痛をかなり軽減できますし、女性特有の婦人病を予防することもあるので 生活の質を向上させるという意味でもかなりメリットが大きいものです。

ピルを利用するメリットは?

  • 避妊(最も確実な方法の1つ)
  • 生理痛の軽減
  • 子宮内膜症、子宮体ガン、卵巣ガンの発症率を低下させる
  • ホルモンバランスの乱れによるニキビの改善

どれか1つでも自分に当てはまるものがあればその治療や予防としてピルは利用する価値があると思います。日本は欧米諸国と比べて相変わらず ホルモンに作用するような治療にかんしては抵抗感が強く欧米諸国に比べると普及していませんが、もったいないです。

毎月やってくる生理に苦しめられているという人は鎮痛剤に頼るのではなく一度ピルを検討してみてもいいんじゃないかと思います。