プロアクティブのブラシの効果は?



ニキビの都市伝説SP~ニキビケアに関する怪しい噂を徹底検証!
ニキビの都市伝説SP



ニキビの都市伝説SPトップ » 知りたい!ニキビの真実 » プロアクティブのブラシの効果は?

プロアクティブのブラシってニキビ洗顔に効果的なんですか?

ホルモンバランスの乱れによる生理前ニキビにピルは非常に有効!

最近、プロアクティブでは洗顔時に使う電動ブラシのようなものを配ってますよね。洗顔ブラシといえばクラリソニックが有名ですが あれは超音波洗顔というやつで超音波の振動で汚れを浮かして落とすことができるという代物です。

モコモコに泡立てた洗顔フォームを顔につけ、ブラシのスイッチをオンにした後はブラシと肌で洗顔フォームの泡をサンドするイメージで、 優しく泡の上をすべらせるだけと使い方は簡単です。

これで毛穴の奥の汚れまで浮かせて除去できるので未体験のスベスベお肌になるんだとか。

クラリソニックについては実際に使ったことがあって確かにお肌はすべすべになります。しかし、気になるのはブラシの肌への摩擦なんです。 微弱な刺激であってもそれが毎日になると肌にとっては炎症を引き起こす原因になるので長い目でみるとよくないんですよね。

もちろんブラシと肌の間に常に泡のクッションがある状態であれば大丈夫だと思いますが、それであればブラシでなくても手で十分なんですよね。 毛穴の奥の汚れは確かに泡では吸着できないものもあるんですが、それはクレイ洗顔料を使えば解決できる問題です。

個人的には肌への刺激や摩擦が気になるので肌が弱い人はあんまりプロアクティブのブラシとかクラリソニックのような超音波洗顔は使わないほうがいいのかな? と思います。逆に皮膚の厚い男性には毛穴の黒ずみ対策にもなるので意外にあっているような気がします。

またこういうマシン系は使っているうちに飽きたり、面倒になってくるのでやっぱり普通に手で洗うということに落ち着くのかな?と思います。

ニキビケアのための洗顔のポイント、注意点について

ニキビケアにとって毛穴詰まりの原因になる余分な皮脂を落とすというのはすごく重要です。

そのために毎日の洗顔はニキビケアにおいてもかなり大切で、正しいやり方ができていないとニキビがよくなるどころか むしろ悪化させてしまうことにもつながってしまいます。

例えばニキビが出来ると皮脂をとにかく落とさなければいけないとゴシゴシと洗顔をしてしまいがちですが、 ゴシゴシ洗いによる肌への摩擦・刺激は、むしろ逆効果で肌内部で炎症を起こす原因になってしまいます。

そのためポイントは何よりも洗顔料をしっかり泡立てて、手で擦るのではなく泡で毛穴汚れを吸着するイメージで泡で顔を包み込むようにして洗うことです。 泡を肌に押し付ける感じです。絶対に手や指を肌に触れさせてはいけません。

それからもう1つ注意しないといけないのは洗顔にかける時間です。時間をかけるほど皮脂や天然保湿因子など肌のうるおいを守る成分を洗い落としてしまうため 時間をかけて念入りに洗顔するというのは間違った洗顔方法です。

できるだけ素早く、皮脂の多い部位から少ない部位へと順番に泡をつけて洗っていき、すべての工程を1分で終わらせるようにします。これで十分汚れは落ちます。

洗顔後はたっぷりとお肌に水分を補給をしてから油分の少なめのクリームなどでそのうるおいを閉じ込めるようにしてください。 クリームはニキビ肌にベタつくから嫌だといって使わないと、与えた水分が蒸発してその際に肌の水分を奪っていくので乾燥するようになります。

ニキビ肌でも夏であってもクリームで仕上げるというのは保湿の基本中の基本です。