ニキビはやっぱり体質(遺伝)ですか?



ニキビの都市伝説SP~ニキビケアに関する怪しい噂を徹底検証!
ニキビの都市伝説SP



ニキビの都市伝説SPトップ » 知りたい!ニキビの真実 » ニキビはやっぱり体質(遺伝)ですか?

スキンケアうんぬんではなくニキビって体質ですよね?

ニキビができやすい体質(肌質)や遺伝ってあるの?

親がニキビができやすい場合、子供にもその体質が受け継がれやすいのは間違いないです。

肌質についてはシミができやすい肌質であったり肌のキメの細かさなどは特に遺伝しやすいんですが、ニキビに関しても親が脂性肌という場合、 やはり傾向として子供も脂性になりやすいですし、ニキビに影響する毛穴の大きさも生まれつきです。

そのため毛穴やニキビに関係したトラブルも親譲りということがいえなくもないんですが、ニキビは遺伝だけでは決まらない要因もたくさんあります。

仕事が忙しい方は、ホルモンのバランスが乱れやすくなり、肌のバランスが崩れやすい状況になりやすいですし、毎日バランスの悪い食生活を続けていては お肌の栄養不足を引き起こすので、そういう方は遺伝や体質にかかわらず、ニキビが発生しやすくなってしまうものです。

そもそも遺伝や体質について心配したところでどうにかできるものではないので、お肌を健全な状態に保つために、今の自分ができること、すなわち 毎日規則正しい生活を心がけて、バランスの良い食事に気をつけたり、ストレスの発散に努めるということに意識を集中させることのほうが大切です。

ニキビは特に生活習慣による影響を受けやすいのでまずは自分でできることに集中して取り組むようにしましょう。

男性のほうが女性に比べてニキビが悪化、重症化しやすい理由

特に思春期ニキビは男性の方が女性よりも重症化しやすい傾向にあります。

原因ははっきりしていて、思春期ニキビは第二次性徴によるホルモンバランスの乱れによって起こるものですが、 ここで皮脂の過剰分泌の原因になるのが男性ホルモンだからです。

男性ホルモンの分泌量が多いのは当たり前ですが男性ですから男性のほうがニキビが悪化しやすくなるんですね。

また、女性の場合は、一般的にお肌など美容に興味関心があるので、ニキビができたら調べたり、誰かに聞いたりしてそれなりの対処をしますが、 男子はニキビができても気にはしても適切な処置をしないことが多いです。

実際に皮膚科にニキビの相談にくるのは圧倒的に女性のほうが多いそうですからね。

女性に比べて男性の方がニキビが重症化しやすいのは、男性ホルモンの分泌量の違いはもちろんですが、普段からのお肌のケアやできた後の対策を怠っていることが原因といえます。

ニキビケアはひどくなる前から対策するのが基本ですが、その点、女性のほうがしっかりしています。

日本人と欧米人を比べると欧米人のほうがニキビが重症化しやすいといわれています。その原因はふだんの食べ物。肉類や乳製品を食べるほど皮脂腺が発達するので 皮脂の量も多くなります。こういう体質が代々遺伝しているということもあるので欧米人のほうがニキビが重症化するようです。

いずれにせよ、ニキビ跡が残って後悔しないように、面倒でも適切な処置とケアを行うことをお勧めします。