オロナインが効くらしい!?



ニキビの都市伝説SP~ニキビケアに関する怪しい噂を徹底検証!
ニキビの都市伝説SP



ニキビの都市伝説SPトップ » ニキビを治す怪しい方法 » オロナインが効くらしい!?

オロナインがニキビに効くらしいという噂

オロナインがニキビに効くという話は昔からけっこう有名ですけど、評判通りの効果は期待できますか?

オロナイン軟膏がニキビに効くというのは知っている人も多いはず。

オロナインには炎症を抑制する作用があり、アクネ菌や雑菌の進入を防ぐことが出来るので、ニキビに効くといわれているわけです。 特に赤みを帯びていて炎症を起こしているニキビに使うと治りが早いといいますよね。

これって実は都市伝説的なものでもなんでもなくてオロナイン軟膏の製品特長をみるとはっきりと効果効能のところにニキビに効くとあります。 オロナイン軟膏の都市伝説というと毛穴パックを使うときに先に塗っておくとよく取れるというそっちのほうでしょうね。

オロナインの油分が毛穴に詰まった角栓を浮かせてくれるので毛穴パックをするとそれはそれはよく取れるという話は聞いたある人も多いと思います。 実際これは本当かというとオロナインを塗っても塗らなくても大して取れる量には違いはないそうです。

そもそも角栓を浮かせるのであればオリーブオイルを使ったほうが肌にやさしいとか。

話を戻しましょう。

オロナイン軟膏は普通にニキビに効果があるわけですが、注意点もあってそれは皮脂が詰まった状態の白ニキビや黒ニキビに軟膏を使ってもあまり効果がないこと、 それから軟膏にはかなり油分が含まれているので、乾燥肌や敏感肌で肌荒れにはよくても脂性肌の場合は、かなりベタつくということです。

余計に毛穴に皮脂が詰まらせて治るどころか、悪化してしまったという口コミもあるので 自分のニキビのタイプや肌質を見極めて判断してから使うようにしたほうがよさそうです。

【番外編】インフルエンザや風邪の予防にうがいは意味がないって本当!?

オロナインH軟膏の主成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩液です。

主に皮膚トラブルの治療に使われる薬ですが経口毒性や肌に塗ったときの刺激が少ないことでも有名で、 お肌に合わない場合を除き、用法を守れば安全に使用できるものとされています。

しかし、そんなオロナインH軟膏ですがステロイドが使われているのでは?と噂になったことがあります。

このオロナインH軟膏にステロイドが使われているのではないかという噂は、 「オロナイン皮膚症」と名づけられた皮膚炎の話から派生して生まれたのではないかと考えられています。

「オロナイン皮膚症」は昭和40年代にオロナイン軟膏の使用者の中に見られた皮膚炎です。 この皮膚炎はステロイドから抗炎症作用を取り除き、角質破壊のメカニズムを強化したときに現れる症状によく似ていたんですね。

そのようなことがあったのでオロナインH軟膏にステロイドが含有しているのではないかと噂が立ち始めたのですが、 当たり前ですがオロナインH軟膏にステロイドは使われていません。

また、現在市販されているオロナインH軟膏の成分は問題が起こったときのものとは違いますからオロナイン皮膚炎は、現行の製品では全く起こっていません。

過去の「オロナイン皮膚炎」に結びつけた名残がいまもたまに噂としてでてくるというのが真実のようです。