塩洗顔で早く治るらしい!?



ニキビの都市伝説SP~ニキビケアに関する怪しい噂を徹底検証!
ニキビの都市伝説SP



ニキビの都市伝説SPトップ » ニキビを治す怪しい方法 » 塩洗顔がニキビにいいらしい!?

塩で洗顔するとニキビが良くなるらしいという噂

塩で洗顔する「塩洗顔」がニキビいいという話を聞いたんですがこれって本当ですか?

ニキビに効くといわれる美容法のひとつに塩を使って洗顔をする塩洗顔があります。

塩にはさまざまな効果があって、アクネ菌などニキビの原因となる細菌など殺菌する効果をはじめ、血行を促進して新陳代謝を促したり、 固い角質を柔らかくして落としやすくするソフトピーリングの効果もあるとかでニキビの解消に役立つといわれています。

塩に含まれるマグネシウムが毛穴汚れを取り、カリウムが肌を引き締めてくれるのでお肌がつるつるになるんだとか。

塩洗顔のやり方としては、最初はぬるま湯に塩を溶かした塩水で肌を洗うという方法からはじめ、慣れてきたらスプーン一杯分の塩を手に取り、 塩を顔にまんべんなくつけてマッサージするようにして洗います。

あくまでソフトピーリングとして行うので毎日やるのではなく週1回の頻度でやるようにしてくださいとのこと。 肌質によっては当然ですが塩が刺激になったり、合わなかったりするので万人におすすめできる方法ではないのは覚えておいたほうがいいです。

ニキビもそうですがザラザラした肌をスベスベにする効果が高いので胸元や背中のケア、毛穴のザラツキが気になる場合に塩洗顔は効果を発揮するのでは?と思います。

キメ細かいミネラル豊富な天然塩を使うのが基本ですが、今では塩洗顔用の塩も売られているみたいです。

今流行りのグリーンスムージーを飲むのはニキビに効果的ですか?

ニキビケアといえば洗顔ですし、洗顔料を泡立てて洗顔を頑張っている人も多いはず。

しかし、そんな当たり前になっている洗顔料を使った泡洗顔が実は肌にとってよくないのでは?というところから洗顔料を使わない水洗顔が注目されていて、 いまでは美肌になりたいなら水洗顔が一番といわれることも珍しくありません。

水洗顔はその名のとおり洗顔料を使わずにぬるま湯で顔を洗う事です。

洗顔料を使わなければ皮脂などの汚れを落とすことができないんじゃないの? と思う人もいると思うんですがそれがもう間違いなんですね。皮脂は32~34度ぐらいのぬるま湯で十分落とせるんです。

泡洗顔などは毛穴の奥の汚れや皮脂を根こそぎ落とそうとしますが、皮脂は落とし過ぎると、肌が乾燥するのはもちろん、 乾燥を補おうと余計に皮脂を分泌するようになるのでむしろ肌表面はテカテカするようになり、毛穴詰まりも起こってニキビの原因になってしまいます。

そもそも肌は排泄器官なので多少汚れが残っていても新陳代謝の過程ですべて排出することができます。 必要以上の皮脂を奪わないためにも表面に出た余分な皮脂だけをぬるま湯で落とすという状態の方が肌にとっては乾燥しないのでちょうどいいんですね。

ですから、ニキビを改善をしようと思ったら、この皮脂を落としすぎない水洗顔が良いんです。すぐには効果が出ないとは思いますし、 今までの常識を覆す方法でもあるので抵抗もあると思いますが、続けるうちに肌の乾燥がなくなり、皮脂の分泌も落ち着いて肌本来の機能が戻ってくるのでニキビが出来にくい肌へと変わっていく様を実感できると思います。